カウンセリングオフィス
SHIPSについて
SHIPSの理念

 SHIPSは、Systems Healthcare by Interactional and Pragmatic Solutionsの頭文字で、「相互作用・関係性の観点から、役に立つ解決をつくり、社会全体のメンタルヘルス向上に寄与する」という意味です。

 家族、学校、会社、地域社会など人びとの集団、社会のことをシステムと呼び、個人だけでなくシステム全体のメンタルヘルスに寄与するという概念をシステムズ・ヘルスケアと名付けました。こころの問題がある人だけではなく、ともに問題に関わる人々との人間関係、さらには社会全体が健やかになることを目指しています。そして、システムズ・ヘルスケアにおいて、私たちが大切に考えているのは、Interactional(相互作用的)でPragmatic(実用主義的)なSolutions(解決)です。

 これらの理念を体現するための理論的基盤として、私たちは主にブリーフセラピー(家族療法・解決志向アプローチ)と認知行動療法に基づくカウンセリングを実践しています。いずれもエビデンス(治療効果)が認められ、特定の人生思想・観念論を押し付けるのではなく、一人一人にとってもっとも役に立ち,効果的な対処や方法を見出そうとする心理療法です。

 問題があると「なにが悪いのか」という悪者・原因探しに陥りがちですが、原因がなかったり原因を排除しても解決しなかったりということが「こころと人間関係の悩みごと」にはよくあります。道に迷ったとき、なぜ道に迷ったのか原因を考えても、誰かを責めても出口は見つかりません。私たちは、迷った原因ではなく出口(解決)を探していけるように、そして誰かを悪者にしたり、誰かのせいにしたりするのではなく問題に関わる人々全体のコミュニケーション・関係性(Interaction)がよりよく変わっていくことを大切に考えています。

 また、「正しい対処」や「正論」が必ずしも解決に結びつくわけではないのが「こころと人間関係の悩みごと」の特徴です。「正しい」対処をしているのに悪循環になったり、「正しいこと」とわかりながらそれができなかったりすることがよく起こります。マニュアル化された「正しい」方法だけでなく、ご相談者のおかれた状況や背景、考えかたも含めて丁寧に見立て、ひとりひとりにとって「実行可能で」「役に立つ」(Pragmaticな)解決方法を考え、問題や症状の改善・緩和を目指します。

SHIPSの想い

 人は、人生という大海原を進むSHIP(船)のような存在です。 人それぞれの船が大海原を手探りで一生懸命進んでいるのです。天気がいい日も、嵐の日も、波に揺れながら進む。大きな達成感を感じるときもあれば、困難に不安でいっぱいになるときもあるでしょう。人生という大海原には助けが必要な時があります。そんなときに、わたしたちと一緒に進む先の灯りを一緒に見つけましょう。

ひとりで生きようとしなくていい。ひとりで困っている時は立ち止まって、誰かの手を借りて、行き先を探しましょう。 わたしたちのロゴマークにはそのような想いが込められています。

カウンセリングオフィス SHIPSの概要
【 名称 】
カウンセリングオフィス SHIPS -Systems Healthcare by Interactional and Pragmatic Solutions-

【 代表 】
伊東 優

【 メールアドレス 】
info@counselingships.com

【 所在地 】
〒604-8221 京都府京都市中京区錦小路通室町西入天神山町280 BIZcomfort四条烏丸内 5F-38

【 開所 】
2023年2月1日
CONTACT
カウンセリングオフィス SHIPSへのお問い合わせは、
以下のボタンから「お問い合わせメールフォーム」へ
お進みください。

※誠に恐れ入りますが、当オフィスでは原則、
お電話でのお問い合わせは承っておりません。
事前アポイントのないお電話には出られませんので、
まずはお問い合わせフォームより
お問い合わせくださいませ。
カウンセリング予約へ
( ログイン / 会員登録 )